悩み相談です。
ウチの工務店に出入りしている人達は、古くからの職人さんや協力業者の方が多く、現場のマナーが非常に曖昧です。
とても恥ずかしいことですが、現在でも喫煙マナーが悪いです。
一番下っ端の僕が何とかしようと試行錯誤していますが、なかなか上手くいきません。(でも必ず改善させます)。

みなさんが実施・徹底している現場のマナーを参考にさせてください。
そして具体的に、どんな方法で現場に出入りする人たちにそれを守ってもらっているか教えていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ぽちっとクリックして、ブログランキングにご協力ください!
にほんブログ村

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

たばこの問題は結構重要です。

うちは喫煙場所に赤い缶を置いていて、その場所でなければ誰も吸いません。

また、発見した時は、監督さんが厳しく注意します。

一度、建材メーカーさんに頼んでマナー研修をやったらいいと思います。

電工さんなどは、やってくれると思いますよ。

有償ですが、講師も手配してくれます。

現場マナーから受注したり、逆にマイナスイメージが付いたりと会社の大きなポイントです。

ハウスメーカーは、現場マナー、養生など、この辺を地場工務店としっかりと差別化しています。

タマホームでも同じくです。

お客さんは、そういったところを見ているのです。

研修会は、以前にやったことがあるので、分からない事があれば連絡下さい。

さあ、まずは行動を!

はじめまして。

大阪府茨木市の工務店です。

よろしくおねがいします。

喫煙問題はどこも気になるとこですね。

私たちも同じ悩みで2年前に色々とありました。

例えば外断熱の気密住宅に取り組む時

土台から壁に気密シート(ポリエチレン)を

貼る作業をするとき現場でタバコの火の粉が

飛ぶと穴が空きます。当たり前ですが。

当方では現場禁煙です。

何が何でも吸いたい方は車の中でお願いしています。
(広い場所で美味しく吸いたい気持ちは
 わかるのですが。。)

現場はお施主さんから預かった神聖な場所。

①病院のお医者さんが患者さんの前や病院内の

 廊下で白衣でタバコは吸わないと思います。

②火を持ち込むことは火災の確率も高くなる。

 それでも吸うのが職人さん
 
 その差をちじめる努力こそ工務店の醍醐味。
 
 誰の為にその行動は行うのかを伝える。

 愛ですね。(笑)

 テクノの森田さんの言われるように

 第3者研修で気づいてくれる人も

 いらっしゃいますし頑張ってください。
 
 

森田さん>
アドバイスいただきありがとうございます。
研修会をやってみるというのも有効な手段ですね、勉強になります。
ウチの代表は先日TOTOの開催した現場マナーの講習会に参加し、そこで学んだことを資料を交えて現場に出入りする人たちに説明すると僕に約束してくれました。
そのほかにも、現場にマナーを箇条書きにした看板を設置しようと思っています。
それでも改善されないようなら、森田さんのように研修会もやってみたいです。
そのときはまたアドバイスいただけたら嬉しいです。

kaiぷらんにんぐ かいはらさん>
アドバイスいただきありがとうございます。
皆さんの会社も色々試行錯誤して今のマナーがあるのですね、大変参考になります。

「その差をちじめる努力こそ工務店の醍醐味。」

このお言葉が特に印象的でした。
何度上手くいかなくてもめげずに頑張って、お客様のことを考えた行動をとれる工務店になります!

ありがとうございました。

施主目線で見ても、やっぱり現場のマナーが悪いのはよくないと思います。
お施主さん仲間では、よく話題になる問題でもあります。

喫煙と、現場の整理整頓ができていないのは、お施主さんにとっては「我が家を大事にされていない」ように感じて、どんなに良いお仕事をしてくださっていたとしても、それだけで台無しになっちゃいます。
特に喫煙は、お施主さまだけでなく、ご近所様の目もありますし。

お施主様にアンケートはとられていますか?
大手ハウスメーカーなどは、建築中と完成後に何度かアンケートがあります。
現場のマナーやサービスなどに関して、お施主様からのアンケートをとって、その声を職人さんに伝えて見られてはどうでしょうか?

あぶりしゃけさん>
アドバイスいただきありがとうございます。
アンケートの件は僕もずっと以前から考えているのですが、実はまだ実施されていません。
今後必ず導入し、自分達の短所・欠点・改善点を明確化していきます。

大変参考になりました。ありがとうございました!

みなさん色んな意見が出て、参考になりますね。
実施できるところからやってみて、また経過をお知らせください。
私がオススメするのは、マナーのことを直接職人に注意することより、可能であれば他の会社の現場に見学に行くなど、職人魂の根本を刺激したらいかがでしょうか。
上には上がいる、ことを体感すると自分に磨きをかけようと自ら人はやりますよね。
特に職人のように、プライドと誇りが高い人たちには、悪いところを指摘するとモチベーションが大きく下がる気がします。
人を動かすのは大変ですが、焦らずやっていってくださいネ
これがなんとか解決できたら、次に何か問題が出ても同じ要領でクリアできるでしょう。
どんな状況でも、何かしら人を動かすというのは、こちらの度量が試される瞬間でもあります。
桜井さんの器も試されていると思って、これを気にまた飛躍されてください!

工務店同士でもっとつながってください…

Normal
0

0
2

false
false
false

MicrosoftInternetExplorer4

/* Style Definitions */
table.MsoNormalTable
{mso-style-name:…

少し遅くなりましたが、コメントさせて頂きます。
(どなたかが書いている事と重複していたら、ごめんなさい)

間接的な話になってしまいますが、私が特に注力しているのは、
現場に入る前の時点で、いかに信頼関係をつくるか・・・です。
信頼関係が構築できていれば、少し突っ込んだ話もできますから。

そこで、ありきたりですが、なるべく職人とは食事を一緒にとります。
工期中ではなく、休みの日や、現場が終わり次の現場への空いた期間に。

その際に、仕事のことはもちろんですが、家族のことや、
その他プライベートな話まで、いろいろ突っ込んだお話をします。
そして、「私は、~~いうふうにして、お客様に・・・思ってもらいたいんです。」
という、方向性の意思表明を必ずします。

また、ここで大事にしているのが、この食事会は、
必ず、職人の中でトップの人間と、1:1でします。
そして普段から、重要な話については、必ずその人間を通します。
「まずは、信頼度100%の〇〇さんにお伝えしますから、
、皆さんに確実に伝えて下さい。」
といった感じです。
これを続けると、その人に自覚が生まれます。

いかがでしょうか。

ビルダーナースさん>
アドバイスいただきありがとうございます。
意見をぶつけていがみ合うのではなく、どうやったら自分の思いを理解してもらえるのか、色々な人の意見を参考にして、これからも実践していこうと思います。

ガーデンハーモニー  箕輪直明さん>
アドバイスいただきありがとうございます。
会話することの重要性がよく解り、大変参考になりました。
僕の場合、指示する立場の人間ではないので、まずは現場仕事での一服の時間だけでも自分の意思を少しづつアピールする努力をしたいと思います。
人に自覚を持ってもらうにはどうしたらいいのか、自分なりにもじっくり考えてみます。

Comment feed

コメントする


「自立する工務店の会」は、自らで考え行動し、その結果を惜しみなく他者と共有することができるメンバーのみが参加しています。
自分さえ良ければ・・・。
誰かが何とかしてくれる。
そういう他力本願の人には向きません。
小手先のノウハウではなく本質を見据えることができる人。
競争ではなく共創の精神を持つ人。
人のものを奪うのではなく、惜しみなく分け与えることができる人。
そんな志の高い地場に根付く工務店メンバーが、互いを助け合い、協力し合うためのブログです。
LOVE&OPENの精神で会に参加できるビルダー・工務店を募集しております。
参加いただく方には、それぞれの得意なこと・工夫したことを共有してもらいます。
聞いているだけじゃなく、自ら発信して共に分かち合いましょう。

参加表明・ご連絡

住宅事業に関わるかたなら、どなたでもご参加いただけます。
個人で塗装や電気工事を請け負われているかたなども大歓迎です。
販売店やアドバイザーなどのサポートメンバーも募集しております。
入会規則は「LOVE&OPEN」に基づき、他の参加者と分かち合う意志を持つこと。
特に費用はかかりません。
全国からご参加をお待ちしております。

記事の投稿

記事を投稿する

メンバーのみなさんからの記事投稿をお待ちしています。
内容はなんでも自由にどうぞ。
共有したいアイデアや、提案、お悩みなどなど、自由に投稿いただき、それに対してメンバー同士でコメントを通し、コミュニケーションしてください。

ランキング投票

にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

仲間の輪を広げるため、多くの人の目につくようブログランキングへ参加しています。応援投票おねがいします。

カレンダー

2017年7月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

エコ活動

ブログを更新するだけで苗木植林事業に協力できる「グリムス」に参加しています。